2008年06月01日

脳卒中の対応

脳卒中の所症状交代性片麻痺とは脳幹の徴候としては極めて重要。
脳幹障害では同側の脳神経障害と反対側の上下肢の麻痺をおこす。
大脳の障害では反対側の顔面をむくむ片麻痺を起こすので容易に区別できる
言い換えれば、脳神経症状と上下肢の片麻痺のサイドが逆ということで脳幹の病変と予測できる。
これが交代性片麻痺です。
出現する脳神経症状は神経核の位置と関係する。
即ち左動眼神経麻痺がある交代性麻痺がみられれば左中脳の障害である。
なお延髄の障害で交代性片麻痺が起こるのは延髄内側の病変である。
延髄外側、即ちワレンベルグ症候群では錐体路障害は起こらない。


突然の麻痺または顔、腕または足(特に体の一方の上)
突然の混乱、ものをいっているか、口がまわらない。
一方または両方の目でわかっている突然のトラブル
歩いている突然のトラブル、めまい、バランスの損失または調整
救急車(理想的に先進の生命維持で)があなたのために送られることができるように、
救急医療(EMS)にて麻痺したとすぐに言ってください。

また、あなたが最初の徴候がいつに見えたかについてわかっているように、時間をチェックしてください。
即時の措置をとることは、非常に重要です。
徴候の始まりの3時間以内に与えられるならば、
組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)と呼ばれている塊りを
破壊している薬が脳卒中で最も一般のタイプのために長期の障害を減らすことができて。
3時間の脳卒中発症の範囲内の脳卒中の治療のための唯一のFDA認可の薬物です.。


メタボリックシンドロームBLOOD-COM メタボリックシンドローム症候群 
 
メタボリックと成人病  血液サラサラコム

posted by BIGPATman3439 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。